COLORCODE VJ for iPad

映像で遊べ!いつでも手軽に映像表現を!イベントやパーティで誰でもVJに!

COLORCODE VJとは?

メイン画面

起動後の画面です。

ムービーファイルを読み込んでミックス(クロスフェード)しながら出力。 (同時表示できるのは2つのムービーまで)

画像ファイル(PNG形式)も重ねて表示できます。
ステージ上をタッチして動かすことも、あらかじめ動きを設定しておくこともできます。PNGの透過表示もできます。

テキストも表示でき、画像と同じように動きを設定できます。

BGMとしてiPad内の音楽ライブラリーの曲を再生できます。
(iTunesで購入したDRM付の曲は再生できません。iTunes PLUSは再生できます。)

自宅のTVやパソコンのディスプレイ、プロジェクターなど、外部映像機器に出力可能!(※)

(※)映像出力用のアダプターが必要です。

■利用できるアダプター
Apple Digital AVアダプタ/Apple VGAアダプタ/AppleコンポジットAVケーブル
ただし、お使いのディスプレイに合わせてお選びください。

COLORCODE VJはiPad4世代目以降で利用する事を推奨します。それ以前の機種で利用する場合、マシンパワーの不足により期待した動作ができない場合があります。

こんな使い方ができます!

本格的なVJセットに組み込み

本格的なVJセットに組み込み。
iPadだったらVJもステージにだって上がれちゃう?

ミュージシャンだってVJプレイ

ミュージシャンだってVJプレイ。
ライブで楽器ではなく映像をプレイしよう!演奏+映像を自分たちでコントロールできれば、表現が深まります。

ホームパーティや2次会などの小規模パーティで

ホームパーティや2次会などの小規模パーティで。
会場にあるモニタを借りて手軽にVJ開始。雰囲気を盛り上げるにはもってこいです。

iPad2ならiPadで撮影したムービーを使うこともできます

iPad2ならiPadで撮影したムービーを使うこともできます。
映像をスライドショー的に友達に見せるなんて良いですね。

プレゼンツールとして

プレゼンツールとして。
iPad用のプレゼンツールはいっぱいあります。用意したスライドを順番に流すだけなんてちょっとつまらないですよね?
COLORCODE VJならプレゼン時の場の雰囲気に応じてスムーズにプレゼンができるでしょう。

使いこなしの基本

使いこなし

外部出力しなくてもアプリだけでも楽しめます。

でも、やっぱり外部出力した方が楽しいですよ。


COLORCODE VJには二つのモードがあります。

* エディットモード時は外部出力しません。これが基本かつ前提になるので注意してください。

付属サンプル素材について

各サンプル素材の著作権は各クリエイターに帰属します。サンプル素材は、COLORCODE VJ 内で利用する場合に限り無料で利用できますが、 その他の用途の場合は、各作者にお問合せください。


クリエイターの紹介

[Movies]

[Images]

各クリエイターの詳細についてはサイトをご覧ください。

mimiCopy

mimiCopy
定番耳コピツール。スピードを落としたり、キーを変えて再生するプレーヤー。普段の練習にも最適。カテゴリランキング1位の実力。

garaQR

ガラQR
QRコードをスキャンしてすぐにサイトにアクセス。お店で見かけたキャンペーンサイトなどにアクセスするのに便利です。

Midi Tool Box

Midi Tool Box
統合MIDIユーティリティ。いろんなMIDIツールを一つに。データ管理や機器管理に最適。